日々の生活の中で、「使命」のポジションってなんなんだろう。無関係と思う?「先生」は、あなたにとっては何なんだろう。

暮れる一日、もっと飲みたい麦茶

日々の生活の中で、「使命」のポジションってなんなんだろう。無関係と思う?「先生」は、あなたにとっては何なんだろう。

ページの先頭へ戻る

気分良く大声を出すあの人と冷たい雨気分良く大声を出すあの人と冷たい雨

夕食時に、グラスビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はビールの後にワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事がない時に限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、住んでた部屋の近くで酒屋を発見して、父の日も近かったので購入したことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円以上の父の日用のワインを探しています」などと話して。
父に贈った、そのワインが一万円することを耐え切れずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
その他の感想は特にはなかった。
以来、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
楽しい!と感じる時間を過ごせるなら、金額や質にはこだわらない。

凍えそうな仏滅の昼は料理を
ちょっと仕事で必要性のある太い竹を規則的に拝領するようになり、願ったりかなったりなのだが、モウソウダケが厄介でどしどし持っていってほしがっている山の持ち主は、必要以上にモウソウダケを取って運ばせようとするので大変だ。
そこらじゅういての竹を運んで帰っても捨てることになるのだが、処分に困る竹が邪魔でしょうがないらしく、運んで行ってくれとしきりに求められる。
こちら側も必要なものをタダでもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

薄暗い祝日の明け方に目を閉じて薄暗い祝日の明け方に目を閉じて

すごく甘い食べ物が好みで、スイーツなどをつくります。
普通に泡だて器で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだけれども、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、たいそう簡単でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンを細かくして混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるようにも心がけている。
砂糖やバターがちょっとでもニンジンや野菜自体の甘味があることによって、喜んで口にしてくれます。
ここ最近は、スイーツ男子なんて表現もメディアであるから普通だけれど、だいぶ昔は、甘いお菓子を作っているといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、そんな男の子が多いねと言われる。

熱中して歌う父さんと私
人間失格を読み切って、主人公の葉ちゃんの考えも分からなくはないな〜と感じた。
彼は生きていくうえで誰しも持ち合わせている感情を、たくさん抱いている。
そういった部分を、自身の中だけに秘めないで、お酒だったり異性だったりで解消する。
ラストで、居酒屋のママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主役の葉ちゃんは要領が悪いんだと、絶対気の毒になってしまう。

気分良く大声を出す妹と花粉症気分良く大声を出す妹と花粉症

何年か前、二十歳の時に、同級生と3人で韓国のソウルに観光に出かけた。
初の国外で、高級ホテルにしばらくの宿泊だった。
繁華街を散々観光して、充実させていたけど、途中で道に迷った。
日本語はもちろん理解されないし、韓国語も全く通じない。
そしたら、韓国の男性が流暢な日本語で戻る方法を話してくれた。
少し前に横浜に滞在して日本文化の知識習得をしたという。
そのことから、また、楽しい旅をすることができた。
帰る当日、バスで道を案内してくれたその人にたまたま出くわした。
「またおいで」と言ってくれたので、私はここが大好きになった。
いつも予定を合わせて韓国への旅が計画されている。

夢中でお喋りする兄弟と私
一人旅でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
中でも、港町である釜山。
観光ももちろんだが、女性はコスメやファッションなど興味がある人も多数だろう。
この国では見た目、つまり自分磨きに関しての力は強い。
就職や、パートナー選びの際に、日本よりもあからさまに判断される場合が多いとか。
自然と、韓国のケア用品は、肌に良い成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
という事から、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待してしまう。

笑顔で跳ねる子供と擦り切れたミサンガ笑顔で跳ねる子供と擦り切れたミサンガ

あるいつもと違うような業務が舞い込んできたとき「大丈夫だろう」などと思っていた新入社員の頃。
当時の私たちメンバーのみんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」と無責任に取り組んでいた。
そしたら指導担当の社員さんが発したセリフが記憶に残っている。
「目標に向かって、努力をして毎日を費やしたからこそ、終わってから無事だっただけの話。
だから、あなたたちみたいに楽観的に構えていて、たまたま業務が大したことなかったという意味は含まれていません。
終わってしまえば簡単だったと言う本当の意味は、正反対です。
甘く見ずにしっかり取り組み準備をしたからこそ、能力が有り余って、業務がスムーズに進んだと言う事実を言っています。
しっかりその気になりましたか?
なめていないで真剣に取り組んでください。」
と言うセリフ。
その後、私たちは頑張って勉強しじゅうぶん仕事をすることができた。

ノリノリでダンスする母さんと夕立
けっこう昔から知ってたけど行ったことはないけれど、昼間ではない動物園は、夜に動きやすい動物がとても勢いがあって眺めていてたまらなく楽しいらしい。
前から知っていても、暗くなってからの動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもう少し楽しめるようになったら見に行ってみようと思う。
もう少し理解できるようになったら、きっと、娘も喜々としてくれると思うから。
通常の動物園と違う様子を自分も家内もきっと楽しめると思うので経験してみたい。

気どりながら泳ぐ兄さんと花粉症気どりながら泳ぐ兄さんと花粉症

ある夏の昼過ぎ。
少年は空き地で、アリの行列が虫の死体を運んでいるところを注意深く観察していた。
蟻たちは一生懸命動き回っているのだが、虫の死骸ひとつでこんなにも大勢の蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年は不思議に思った。
少年は、蟻たちを泥で埋めたらどうなるかな、という好奇心がわいてきた。
しかし、今日のところはじっくり見守ることに決めた。
とても暑い日だったので、少年の汗が顔中からあふれ、とめどなくアリの行列のそばに落ちた。

ゆったりと吠えるあの人と突風
新入社員の頃、株の取引に好奇心をもっていて、買ってみたいとおもったことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったけれど、一生懸命稼いだ貯蓄があっさりとなくなるのも嫌で、買えなかった。
証券会社に口座は開いて、資金も入れて、ボタン一つだけで買える状態にしたけれど、怖くて買えなかった。
一生懸命、働いてためた貯蓄だから、金持ちの人から見たら少なくてもでも大きく減ってしまうのは怖い。
けれど一回くらいは買ってみたい。

Copyright (c) 2015 暮れる一日、もっと飲みたい麦茶 All rights reserved.

●サイト内コンテンツ