たとえば、地球に初めて来た宇宙人に「悟り」を説明するなら、どうする?「スパゲッティ」の特徴とか、ううん、まずは地球や世界のことから説明始めるのかもしれない。

暮れる一日、もっと飲みたい麦茶

たとえば、地球に初めて来た宇宙人に「悟り」を説明するなら、どうする?「スパゲッティ」の特徴とか、ううん、まずは地球や世界のことから説明始めるのかもしれない。

ページの先頭へ戻る

凍えそうな月曜の夜明けはビールを凍えそうな月曜の夜明けはビールを

とある暑い日の午後、少年はママからお使いをおねがいされ、ハクサイとねぎと豚肉を買いにいくところであった。
少年はこっそり笑った。
今日はおなべだ!やったぁ!…と。
しかし、問題はその後すぐ起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたはずのおつかい用の千円札2枚が、無いのである!
少年はスーパーマーケットの支払い所に並ぶ前に、大丈夫だよね、とズボンのポッケに手を入れて確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金が無い事を知ったのだ。
怒られるのを覚悟して、少年は手ぶらで家へ向かうことにした。
これからは、お金は靴か靴下に入れよう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう心に決めた。

どしゃ降りの平日の昼はひっそりと
じっと見てしまうくらい綺麗な人に出会ったことがありますか?
過去に一度だけ出会いました。
電車内で20代後半くらいの女性。
女性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけ手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、それ以外で醸し出すオーラはたぶんありますよね。
なかなか素晴らしい人が多くいるんだなーと感じました。

無我夢中で自転車をこぐ姉妹と冷たい肉まん無我夢中で自転車をこぐ姉妹と冷たい肉まん

明日香は、大学で一番に打ち解けた友達だ。
彼女の良い所は、受け入れの幅が広くて、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私が親しくなりたいと言ったそうだが、記憶にないけど、そうだと思う。
遊びに行くと、すべてが小さくなるので、凄くほっとする。
シャープでスレンダーなのに夜、おなかがすいてファミレスでステーキを注文しに行ったりするらしい。

蒸し暑い大安の午前に椅子に座る
したいとは思わなかったけれど、運動くらい多少でもしないとなと近頃考える。
働く内容が変わってから、此の程、体力を使うことが大変減り、体脂肪率がものすごく上がった。
また、30歳になったのもあるかもしれないけれど、お腹周りに脂肪がついてきて、めちゃめちゃ見苦しい。
ある程度でも、筋トレしないとまずい。

暑い土曜の午後に目を閉じて暑い土曜の午後に目を閉じて

ずいぶん昔になんとなく見たシネマが、ビフォアーサンライズというもので、日本名は恋人までの距離という。
父に、「感動すると思うよ」と話を聞いた合作映画だ。
旅の途中で初めて会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身のセリーヌで、限られた時間でオーストリアのウィーンを旅するストーリーだ。
この話の構成の面白い部分は、これといったハプニング、もしくは盛り上がりなど、組まれていない部分。
会ってすぐの男女は、愛すること、それに、平和などに関してひたむきに話し合う。
まだ14歳だった私は、経験不足で子どもで、退屈だと思いながら見過ごした作品だった。
時は経過し、昨日、偶然DVDショップにて見つけて、懐かしく思い借りて再び見たところ大変心に響いた。
好きなシーンは、レコード店でケイス・ブルームの曲を聞きながら視線を投げあってしまう部分。
2人の帰国の際、要は、お別れの時、そこでエンドを迎える。
見た当時はわからなかったこのシネマ、時を隔てて見てみると、前回よりまたく違う見方になるのかもしれない。
その感覚を味わった後、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったALBUMを、店より探して流している。

汗をたらしてダンスする弟と飛行機雲
梅雨が明けたばかりだけど、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「夏だ。」と思った。
もうすぐ夏休みという休日のお昼前、少年は縁側に座ってアイスクリームを食べていた。
頭の上では風鈴がときおり鳴っていた。
いつにも増して暑い日で、日差しが座った少年の足を照りつける。
少年は元気に半ズボン姿だった。
汗が顔を伝って流れ、アイスもとろけてきた。
少年は、近所の屋外プールのオープンに期待していた。

曇っている金曜の夜に読書を曇っている金曜の夜に読書を

浜辺がめっちゃ近く、サーフィンのスポットとしてもとても知られているスポットの近所に住んでいる。
という理由で、サーフィンをしている人はたいそう多くいて、出勤の前に朝はやくちょこっとでもサーフィンにという方もいる。
そんなふうに、サーフィンをしている方が多数いるので、いっしょに行こうと言われることがすごく多かったのですが、絶対に断っていた。
それは、私が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからだ。
けれども、しかし、泳げなくてもできると言われ、波乗りしてみたけれど行ってみたところは上級者がサーフィンする海で、テトラポッドが左右に広がっていて、スペースが狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

喜んで体操する姉ちゃんと草原
ネットでニュースを見るけれど、紙の媒体を読むのもけっこう好きだった。
今は、費用がかからないで閲覧できるネットニュースが色々あるので、新聞はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが短時間で多くの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目に入るけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、米国のデフォルトになるかもというニュースが気になる。
債務不履行状態になるわけないと思っていても、もしなったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

笑顔で熱弁する姉妹と霧笑顔で熱弁する姉妹と霧

暑い季節は生ビールがとってもうまいけれど、ここ最近そんなには飲まなくなった。
20代の頃は、どれだけでも飲めたのに、年とともに翌日にアルコールが残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃は非常にあこがれ、行くのがとっても楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌というほど行って、私の中では、今では、いいイメージがない。
そうだけれども、取引会社との付き合いの関わりでとても久しぶりにビアガーデンに行った。
ものすごく久々においしかったのだけれども、テンションが上がって大変飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

ひんやりした休日の昼に食事を
友人の彼であるSさんの働く会社で、毎回梅干しをオーダーしている。
アルコールが入ると電話をかけてくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんという働き者は、言ってることが分からな過ぎてトークがかみ合わない。
酔ってないときの彼は、結構なあがり症らしくあまりたくさん話してくれない。
したがって、一回もEくんと話したと言えるくらい会話をしたことがない。

Copyright (c) 2015 暮れる一日、もっと飲みたい麦茶 All rights reserved.

●サイト内コンテンツ