「発明家」に関して、どう感じる?「トルネード」って、普段ではどう考えられているんだろう。別に考察してみるわけじゃないよ。

暮れる一日、もっと飲みたい麦茶

「発明家」に関して、どう感じる?「トルネード」って、普段ではどう考えられているんだろう。別に考察してみるわけじゃないよ。

ページの先頭へ戻る

風の強い金曜の夕方に目を閉じて風の強い金曜の夕方に目を閉じて

2年前、コンディションがあまり良くない上に、偏食と、眠りの中身が悪かったので、シミが多発した。
マズいと思い立って、生活習慣を意識し、健康に良い事をし続けようと周りの意見を聞いた。
数多くの雑誌で崇拝されていたのが、アセロラジュースだ。
現在に至るまでしょっちゅう飲むことにしている。
レモン以上にCがたくさん入っていると言う話だった。
ヘルシーと美容はやはり食事から作りだされるのかもしれない。

息もつかさず体操するあなたと夕立
防波堤の近くに私たちは、住んでいるので、地震の際の津波を母が不安に思っている。
ことのほか震災後は、どれくらい海から離れているのかとか高台は近辺にあるのかとか問いかけてくる。
自分と家内だって憂慮しているのだけど、しかし、うまく条件のあう物件も見つかるわけではない。
なのだけれど、誠に大津波がくるとなってしまった場合に避難するコースを見つけておかないととそう思う、だけれども、しかし、堤防近くしか近くに道がないので、しっかり想像したら危険だということがよくわかった。

ひんやりした休日の夕暮れは外へひんやりした休日の夕暮れは外へ

離れた生家で暮らす私の母も孫用だといって、ものすごくたくさん手作りのものを苦労して縫って届けてくれている。
ミッフィーがとても気にいっているのだと伝えたら、そのキャラクターの生地で、作成してくれたが、布の思ったより大変高くて驚倒していた。
縫物の為の生地は横、縦、上下のキャラクターの方向があって気をつけなくてはならないらしい。
しかれども、たくさん、作成してくれて、送ってくれた。
孫娘はたいそうかわいいのだろう。

喜んでダンスする母さんと紅葉の山
「夕食はカレーよ。」
少年は母親が言った今のセリフを聞いた途端、思わず顔をほころばせた。
少年は学校から帰って、扇風機にあたりながらダラダラとテレビを見ていた。
今日は格別に西日が暑い。
窓際では風鈴がときおり鳴っていた。
TVのアニメチャンネルでは、昔の懐かしいアニメを再放送していた。
今日の放送は「一休さん」だ。
こんなにも頭の回る少年がいたら、学校のテストなんて簡単なんだろうな、と少年は感心していた。
しかし、調理場からカレーの匂いがリビングまで漂ってきたとき、少年は一休さんのことなんて思考から消えていた。

ひんやりした土曜の夕方はビールをひんやりした土曜の夕方はビールを

深夜、寝れないときは、DVDをゆっくり見る習慣がある。
こないだ観賞したDVDは、エスターというタイトルの米国の映画だ。
登場人物の、エスターと言う子はしっかりものだけれど少々変わった少女。
ラストにびっくりな結末が見られる。
これは見る真ん中で、結末が予想できる人がいるだろうか疑問なほど予測不可能な終わり方。
それは、ドキッとさせるのではなく、非常にゾクゾクとするような終わり方だった。
作品は、毎日の私の真夜中の時間を充実させてくれる。
とは言うものの、常にアルコールも常に一緒なので、体重が上昇するのが恐ろしい。

勢いでお喋りする先生と突風
作家、太宰治の斜陽、大ファンの私は、静岡県の安田屋旅館に向かった。
同じく本が割と好きな両親。
こちら安田屋旅館は、太宰が斜陽の一部を集中して書くために泊まった海が見える旅館。
とにかく動くと、ミシミシと、聞こえる。
向かったのは、太宰治が宿泊した上の階の角の部屋。
シルエットのきれいが富士山が半分だけ、姿を出していた。
すぐそばの海の海面にはいけすが張ってあった。
この辺は来たかいが大いにある。

自信を持って熱弁するあいつと擦り切れたミサンガ自信を持って熱弁するあいつと擦り切れたミサンガ

しかもお客様は、ほとんどが日本人だという感じだったのでその雰囲気にも驚いた。
しかも列は、だいたい日本人という感じだったのでその光景に驚いた。
日本で評判なのが、韓国のスキンケア用品は肌に良い成分が多く含まれているらしい。
もちろん、化粧品にも興味はあったけれど、店員さんの日本語にも凄いと思った。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私は、簡単な英語を使うチャンスだと思い行った韓国だけど、最後まで話すことはなかった。
仕事で使用するなら、しっかり学べば外国語を理解できるということを教えてくれた旅行だった。

そよ風の吹く水曜の午前に外へ
夏休みが2週間くらい過ぎた頃の日暮れ前。
「缶ケリ」で鬼になってしまった少年は、とてもお腹を空かしていた。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られてみんなが逃げるので、もはや今日のカンケリは終わらないんじゃないかと、逃げていく友達の背中を見ていた。
クタクタにつかれて家に帰ると、玄関を開ける前に、今日の夕飯が分かった。
メチャンコうまそうなカレーの香りに、少年は疲れが吹っ飛ぶのを感じた。

ひんやりした休日の晩に窓からひんやりした休日の晩に窓から

知佳子と天神のAbercrombie & Fitchに入った。
私はアバクロンビーの洋服のコーディネイトがお気に入り。
あと、店内のデザインと、満ちている匂いが。
1時間程度ひやかして、Abercrombieを後にした。
すると、私は通路を占領して、通れない人が後ろにいたので、失礼しました!と言って振り返る。
そういえば、店内にいた兄さん。
笑いながら、いえいえ、など言われた。
目についたのは、その手荷物。
アバクロンビーでいったいどれくらい買ったの?と疑問が生まれた。
その後、スタバで知佳子とその人の職業予測で話が弾んだ。
本当の事は謎だ。

具合悪そうに泳ぐ兄弟と気の抜けたコーラ
昨日、テレビで、マックのチキンナゲットの食感をまねしたレシピといって紹介していました。
めちゃめちゃ味わえそうだと感じて、妻に調理してもらったが、マクドのナゲットの味では絶対にないけれどうまかったですね。
周りがちょっと違ったのだけれど、中身は、同じチキンなんだから、俺の舌では、ちょびっとの差は何とも思わずたいそううまかったです。

Copyright (c) 2015 暮れる一日、もっと飲みたい麦茶 All rights reserved.

●サイト内コンテンツ